なつの風音

旅 本 北海道 ホテル

大人の女の旅支度 衣類編 北海道出発

旅支度好きですか?

 

私は北海道出発で出かけるので

春夏はともかく、秋冬は旅先の服装に悩みます。

 

今日は、旅支度・衣類編のお話を。

 

f:id:lomphat:20170107095204j:plain

タンスから出したり、ひっこめたりの旅支度。

 

もちろん、行き先や日数でいろいろだけれど

荷物疲れしたくないから再少量にしたい私。

 

素材と色の組み合わせをいろいろ考えます。

でも、このふたつは必ず、

 

・カーディガン

重ねることもできて1枚でも着られるタイプを。

 

・大きめショール

保温に欠かせないアイテムで

肩に、膝に、場合によってはスカートに重ねたりも。

 

色は多色使いのショールが多いからか

気づけば衣類は単色ばかり持っています。

 

 

下着とストッキングは手洗いする前提で必要枚数を。

 

ただブラはかさばるんだよね。

形が崩れるからギュッとしまうわけにもいかないし。

数泊する旅行では悩みどころでした。

 

カップ付きのキャミなども便利なようですが

私のカップサイズ(仕事になるほど大きくないけど小さくはない)だと

いまいち安定感に不安があります。

昨年、どなたか旅を仕事にしてる方が

「シームレスインナーは乾きやすくて軽くていい!」

と紹介していたので試しに買ってみました。

カップ付きブラとショーツ。

見た目の印象よりずっと安定感があって着やすく

手洗いして数時間後には乾くので購入してよかったですよ。

 

無縫製だから肌の弱い人も大丈夫じゃないかな?

 

あ、艶っぽい雰囲気にはならないので各自必要に応じて選択を(笑)

 

 

参考までに昨年秋の大阪1泊旅行でバッグに入れたのは、

翌日身に付けるものたちだけ。

・カットソー1枚

・ショーツ1枚

・タイツ1足

・ストッキング1足(伝線に備えて)

 

 

以上。

ほとんど重さないようなものでした。

 

札幌と大阪の気温が10度以上ある頃で

家を出るときはショートコートの上にショール、帽子。

コートの中はカットソーの上に少し厚みのあるカーディガン。

着ぶくれて出発!

 

靴は多少滑り止めあるけど重くないものにして

早朝の凍ってる道をゆっくり移動。

 

最後まで悩んだのはタイツにするかストッキングにするか。

大阪は暑いはずだからと当日朝ストッキングを選択。

正解でした。

 

新千歳空港までのエアポート内はショールをひざ掛けに。

空港について降りるときはバッグにしまい、

トイレでカーディガンを脱いでバッグへ。

 

どんどん身軽になります、私。

 

その日の大阪は私には初夏?みたいな感じで

途中コートを手に持てるくらいでしたよ。

事前の気温チェックと旅支度は連携を。

 

 ちなみにコートは札幌で秋に着ているもので

 真冬はもっと保温効果の高いダウンなど着ています。

 

翌日は朝からタイツ。

前日と逆パターンで少しずつ着ぶくれて帰路につきました。

 

誰かの参考になりそうにない記事…

でも、自分の記録用に違う季節に出かけた時にも

旅支度書いておこうかな。

広告を非表示にする

<スポンサーリンク>