なつの風音

旅 本 北海道 ホテル

週末読書はホテルの本を。

本を手に取らない日はないです。

この週末は2日間ゆとりがあったので、のんびり読書ができました。

ホテルがテーマの本ってたくさん出版されているんですよね。

 

 私の場合、本は、ほとんど図書館で借りています。

毎日読むけれど所有することには興味ないんです。

図書館が私の本棚!という感覚。

 

「大人のためのホテルの使い方」

この本は予約して数週間待ちました。

なるほどがいっぱいで「ホテルを使える」ようになれそうです。

タオルやバスローブの使い方など客室にある備品の扱いはすぐできそう、とか。

ルームシューズが自分のを持っていくのもいいかなーとか。

フロント、コンシェルジュ、バトラーは慣れるまでかかりそうだけど。

f:id:lomphat:20170205200639j:plain

「山の上ホテルの流儀」

まだ未体験のホテルですが宿泊して

このホテルの空気に包まれてみた行くなりました。

 

 

そして、

「フォーシーズンズ」

この本はこれから読み始めます。うふ。

f:id:lomphat:20170205200412j:plain

 

たまに献本でもらったり、旅先で読みたくなって買った本は

図書館に寄付することが多いです。

もちろん売ることもありますよ。

でも、毎週のように行く図書館に持って行って寄付する方が楽なので(^^;

 

市民税は図書館の本代だと思って払っております。(笑)

でも、旅先でも図書館によく行きます。

東京では品川図書館と日比谷図書文化館に何度か行きました。

 

旅先の図書館にカフェがあればお茶をします。

ちょっぴりでもお金をそこに払って感謝の気持ち表現です♪

伝説のホテルマンが教える 大人のためのホテルの使い方 (SB新書)

伝説のホテルマンが教える 大人のためのホテルの使い方 (SB新書)

 

  

山の上ホテルの流儀

山の上ホテルの流儀

 

 

フォーシーズンズ

フォーシーズンズ

 

 

広告を非表示にする

<スポンサーリンク>