なつの風音

旅 本 北海道 ホテル

美しく神々しく感じる場所 タウシュベツ川橋梁

タウシュベツ川橋梁 

 

1度しか行ったことのない場所ですが私にしては珍しく記憶にしっかり残っている場所です。

 

ここ、北海道ですよ。

 

クラウドファンディングReadyfor

北海道の山中で消え行くコンクリートアーチ橋の記録をZINEに!」

というのをやっていたときに応援しました。

2016年6月頃です。

 

ZINE という冊子の形態が好きなのとタウシュベツ川橋梁の写真に惹かれて。

 

昨日、タウシュベツ川橋梁が写真集になったとメールが来ました。

いつかは消えるこの橋を機会を作れるなら、このブログを訪ねてくれる人にも見て欲しいなぁと思い記事にします。

 

場所は、

北海道河東郡上士幌町ぬかびら源泉郷

 

ここ、北海道に住んでいてもなかなか行きません。

そんな場所ですが北海道でドライブ楽しんじゃおう!って方は選択肢に入れてね。

 

ずいぶん前ですが私が泊まったのはこちら中村屋さん

nukabira-nakamuraya.com

露天風呂は混浴です。

私が入った時はカップルが2組いて、私たちと入れ替わるように1組あがって。

という感じ。

 

こういう時は、男性の方が他の女性客への視線に困るみたいですね。

お連れの方の反応も気になるでしょうし。
女性の方が自然でした。(私も含めて)

 

 

気球でも有名な地域で早朝気球に乗ることができました。

今もやってるかな?

 

夏にはバルーンフェスティバルもあります。

毎年、道内ニュースになるけど全国ニュースにはなっていないかな。

www.kamishihoro.jp

 

 

肝心のタウシュベツの話を全然していないわね。(^-^;

 

この橋はダムの水が少ない冬は姿を現して、水が増える6月頃から沈みだし8-10月頃には湖底に。

季節によって見えたり見えなかったりするので幻の橋と言われたります。


本表紙の写真でも伝わるかも思いますがかなり朽ちてきています。

いつ倒壊するか。

 

国鉄士幌線ということで熱心な鉄道ファンには有名な場所だと思います。

でも、鉄道ファンじゃなくても見て欲しい。

 

言葉にできない神々しさを私は感じた場所です。

日本にも素敵な場所がいっぱいありますね。

タウシュベツ川橋梁

タウシュベツ川橋梁

 

 


<スポンサーリンク>