なつの風音

旅 本 北海道 ホテル

週末読書 灯台に恋したらどうだい? 皇后さまとご養蚕

7月前半の「どうしちゃったの?」という暑さは終わり
すっかりいつもの過ごしやすい夏になったこの頃の北海道。

のんびり読書の週末でした。

 

f:id:lomphat:20170724181826j:plain

なんの関連もない3冊。

手が伸びたのが読みたい本、または今の私に必要な本♪

ってことで借りました。

 

 

 「灯台に恋したらどうだい?」

ダジャレのようなタイトルですが内容は
灯台のいろんなことがわかる真面目な本。

灯台に恋した著者の熱さがいい感じに伝わってきます。

灯台好きです。
恋してると言えるほどじゃないけど
あの「守ってる感」みたいな佇まいが好きです。

灯台守ですぐ浮かぶのは「アンの夢の家」※1のジム船長。
もしも近くにいたらきっと私も仲良くなった!と勝手に妄想しています。
  ※1「赤毛のアン」シリーズのひとつです。

 

 

 

 

 

「皇后さまとご養蚕」

少し前、何かで皇后さまと蚕のご縁の話を知り、

そのすぐ後に図書館でこの本をみかけました。

 

そして、今度は新聞で皇后さまと蚕の記事を発見。

www.hokkaido-np.co.jp

 

蚕は私にとってタイの田舎を思い出すものです。

蚕を育て糸を紬いで染めて織って。

その作業を見せていただいたことがあります。

茹でた幼虫を食べたことも。

 

村の婦人部が村への現金収入のため活動していました。

小作農だけでは貧しさから脱出できないのですよね。

 

なんだかいろんなことを思い出すきかっけをくれた本でした。

 

「あんこのことがすべてわかる本」

読んだというより眺めて、あんこに満たされ、

おいしいあんこが食べたくなりました♪

 

生前、父のご褒美は「おはぎ」でした。

子供の頃は甘いものを食べる姿をみたことがなかったのに

脳梗塞で倒れてからかな?

何度かの退院祝いや誕生日には「おはぎが食べたい」と。

 

今では「おはぎ」は

私のパワーフードであり、父の思い出の食べ物になりました。

 

 

 

今回の本-Amazonリンク♪

灯台に恋したらどうだい?

 

皇后さまとご養蚕 (扶桑社BOOKS)

 

あんこのことがすべてわかる本: つくる、食べる、もてなす

広告を非表示にする

<スポンサーリンク>