なつの風音

旅 本 北海道 ホテル

チップの渡し方-タイにて、私の場合

なかなか慣れないチップ。

タイ以外の国でどうしていたか全然思い出せないので

タイの場合を書いてみます。

なんでもすぐ忘れちゃうので私の備忘録的に。

 

●ホテル

f:id:lomphat:20170220211052j:plain

・ベッドメイクさんへのチップは20バーツ。

写真はイメージを再現して撮ってみました。(笑)

今まで1人ではリーズナブルなホテルに泊まっていたので。

spg系に泊まったら50バーツか、100バーツかなぁ。

 

サイドテーブルにメモ付きで。

折れる紙があれば鶴を添えて。

 

・ベルボーイさんには20-50バーツ。

ベルボーイさんがいないホテルに泊まることも多かったのですが…。

部屋でバッグを受け取った(置いてもらった)タイミングで渡しています。

部屋を出る時じゃなく、このタイミングだと部屋の説明とか

ちょっとしたことを話してくれたりしてコミュニケーション取れていい感じです。

 

 

●食事の時

1人の時はフードコートとか屋台とかコンビニにしちゃってるので

チップはないですね。

テーブルチェックするような店の時は、タイ人の友人か

男性と一緒なので私が会計することはなく…。

サービス料金が含まれていない時はお釣りの端数をおきますが

クレジットカードの時は10%くらい置いていたり、いなかったり。

という様子です。

 

●マッサージ

軒下でやっているような本人に代金を直接渡す店はそのまま。

別会計のお店は20〜50バーツ。

「このお姉さんリピしたい!」ってレベルだったら100バーツ!

渡すのは終わって着替えて出たところ。

部屋の前で待っていて、そのまま会計まで案内されることが多いので

慌てないようにチップを準備してから部屋を出ます。

タイミング見計らってさりげなく渡すのが楽しい。

 

あとはどこですかねぇ。

タクシーは1人で乗った経験が少ないのですが

ちょうど小銭があってもお釣りが出るように紙幣を渡して

マイ・トン・トーン」(お釣りはいらないよ)+笑顔。

あ、あんまりにも態度悪かったらぴったり払うだけでいいと思います。

 

 

私、トイレが近いのでいろんなところで借りるのですが

個人商店などでは飴を渡しています。

日本の飴って甘さが違うせいか喜ばれるので、タイに行く時の必需品。

 

ちょっとチップからそれますが旅行中は

日本のトイレットペーパーの芯を抜いて持ち歩いています。(^^)/

 

以上、私の場合でしたー


<スポンサーリンク>